性病の見分け方






性病の怖さ
性病は比較的に女の子は症状が分かりにくく気付かずに感染を広めています。性病はコンドームだけで防ぐことはできず、フェラやディープキス、クンニンなどでも感染する場合もあります。そして性病に感染するとエイズの感染率が何倍もあがります。男性は症状がおもい性病も沢山あります。生好きな子やヤリマン対策に性病の見分けかたの知識はしっかりつけておく必要があります。もし感染しているようでしたら早く医者に行くのをオススメします。

クラミジア
感染者が多い性病の一つで女の子は自覚症状がほとんどなく治療することなく感染を増やしている場合が多い。女の子のパンティに濃い黄色や黄緑色のオリモノが増える程度の症状しかでない。悪化するとオリモノの臭いが凄くきつくなる。
男性の症状としては排尿時などに痛痒い程度でちょっとした膿のような白い分泌物が出ることもある。ほったらかしにしておくと前立腺炎や副睾丸炎になることもある。

淋病
女の子は初期症状はクラミジアと同じで黄緑色のオリモノがでる程度だが、悪化すると腹痛、発熱、排膿、排尿痛、尿道不快感、痒み、性器の腫れ、性器からの出血などがある。
男性の症状としては、排尿時に激しい痛みがあり、尿道口が腫れ膿がでたりする。

尖圭コンジローム
女の子はマンコ、肛門周りに無痛の米粒くらいのイボができ、どんどん増えていってカリフラワー状になる場合もあります。
男性の場合は亀頭周りに無痛のイボができ増えていきます。男女共に口やのどにも感染します。

性器ヘルペス
女の子はマンコなどに米粒大くらいの水泡ができ発熱、不快感が起こる。悪化すると高熱がでたりリンパ腺がはれたり、激しいいたみにみまわれる。
男性は亀頭(ペニスの先端)、包皮、陰茎体部、おしりになどに水泡が出来痛痒い時もあります。
男女共に再発時は症状が軽くなります。

トリコモナス
女の子は性器がかゆくなり、黄色、乳白色の悪臭のある濁った水っぽいオリモノが出る。発疹、エッチ時に出血、膣内部に激しい痛みを感じることもある。膀胱に感染すると、排尿痛を感じる。慢性化するとほとんど自覚症状がでなくなる。
男性はほとんど症状がないが性器に痒みや排尿時に軽い痛みを感じることもある。

カンジダ膣炎
女の子は白いヨーグルト状のオリモノがでて、マンコの中には白、黄色のカス状のオリモノが付着する。マンコが赤く腫れ、痒みがある。
男性は亀頭が赤くなったり痒くなる程度。

毛ジラミ
男女とも陰毛部が痒くなる、原因は毛ジラミで吸血などもするため多少出血することもある。

梅毒
男女共に股の付け根などに無痛のしこりができ自然に消滅する。
3ヶ月くらい後に全身のリンパ節の腫れ、赤い発疹などが現れます。また、皮膚がふくらんで、こぶのようなものが現れたりしますが自然に消滅。
感染してから3年後〜10年にゴム腫が出現等ある。ゴム腫は自然と消えるが跡が残る。
10年後くらいから、臓器に腫瘍が発生したり脳や脊髄の病変をおこし死に至る。

エイズ(HIV)
基本的に感染率は低い、感染源としては生エッチがほとんどの感染経路で他の性病に感染していると感染率が何倍にもなる。
症状は感染後1〜2週間後くらいに風邪のような症状が一時的にでる。
感染してからHIVウィルスが検出されるようになるまでには3ヶ月くらいかかる。
発症までには早ければ6ヶ月、長ければ15年ほどかかるので気付かずに感染を広める恐れがある。
長い潜伏期間のうちに免疫力が徐々に低下していってエイズ関連症候群といわれる倦怠感、発熱、下痢、体重減少などの症状が表れはじめて、カリニ肺炎、カポジ肉腫、エイズ脳症などが発症するとエイズと診断されます。
現在有効な治療法はない。抗ウイルス剤などを飲むことでエイズの発症を遅らせることはできる。



[←戻る]